スポンサーリンク

初登場!赤穂線に「ラ・マル・ド・ボァ」が来たぞー!「ラ・マル 備前長船」運行スタート

2021年7月30日、JR西日本の観光列車「ラ・マル 備前長船」が運航スタートしました。
この「ラ・マル 」が付く観光列車「ラ・マル・ド・ボァ(木のトランク)」といえば、これまで「ラ・マル せとうち(宇野方面)」、「ラ・マル しまなみ(尾道方面)」、「ラ・マル ことひら(琴平 方面)」などあり人気。
ヘッドマークも他と違いますね!
そして新しいラ・マル 備前長船は岡山駅から東岡山・長船・伊部駅と停まりながら日生駅までゆったりまったり贅沢な電車時間を楽しめます。
こんなかんじで車窓がトランク型でおしゃれ。
「ラ・マル しまなみ(尾道方面)」がサイクリングで有名なしまなみ海道まで運航しているということで、自転車が乗せられる列車としても趣を重視するサイクリストから注目を浴びていました。
この「ラ・マル 備前長船」ではサイクルスペースがないのですが、解体したり折りたたんだりして乗せることはできるんだそう。
伊部から「片鉄ロマン街道サイクリング道」に入ってみるのもいいのではないでしょうか?
僕も「ラ・マル せとうち」に乗ったことがあるんですが、おしゃれな車内・インテリア・アートに音楽&特別なお弁当とスイーツなんかあって・・・控えめに言って最高でした。
友人からのオススメで、乗るまでは「ラ・ヨダソウ・スティアーナ?(中二病ネタ)」→(ピクシブ説明)と茶化していたのですが、乗ってみてからは手のひら返して楽しんだのはいい思い出。
↓「ラ・マル・ド・ボァ」の公式ページ。
また赤穂線と言えば、同じく今日から「備前長船刀剣博物館」でスタートした国宝・山鳥毛の特別展示もあるじゃないですか。
他にもJRがオススメする楽しみ方はこちら
運航日は7月31日、8月7日・14日・21日・28日、9月3日・10日・11日です。

瀬戸内市では岡山県民限定のお得なギフト券も登場するみたいです。

岡山の東側のスポットと「ラ・マル 備前長船」を組み合わせてフルMAX楽しんでみては~。
「ラ・マル 備前長船」
詳細はこちら
↓日生で行ってみたところ。
【日生町】アトラクション並みに楽しめるBIZEN中南米美術館
冬はカキオコ、夏は花火と県内外からの観光客も多い日生町。 その中で通るたび、いつも浮かんでくる疑問。 BAZEN中南米美術館ってなんだろう・・・。 リオのカーニバル的な・・・それともボブマーリー的なレゲエのファンキーな美術館があるんだろうか・・・。 鷲羽山ハイランドのダンサーを想像するおにさんぽ「おに」。

【備前市】閑谷学校の紅葉ライトアップが開始されてるみたい【おにさんぽフォト】
今回は岡山県備前市にある閑谷学校の紅葉とライトアップ。閑谷学校は現存する世界最古の庶民のための公立学校で日本遺産第1号に認定されています。その貴重な施設を見学に来られる方も日ごろから多く、秋には紅葉が綺麗なことでも有名。そして11月7日から講堂と楷の木のライトアップが始まっております。
岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
岡山市話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました