PR

【倉敷市】美観地区に苺スイーツ専門店「倉敷うふ、いちご。」がオープンしてる

カフェ・喫茶店
倉敷市の美観地区に苺スイーツ専門店「倉敷うふ、いちご。」がオープンしていました。
オープンは3月24日で、初めての休日である26日にはたくさんの人が訪れていました。
香川の「道の駅滝宮」に昨年オープンした苺づくしのスイーツ店が美観地区にやってきた形。
↑お店の前の看板。
ソフトクリームやパフェ、ドリンクなどのカフェメニューやいちごミルク大福、苺ジュレプリンや苺ミルクプリン、苺チーズケーキといった映えスイーツも。
ショーウインドーを見てみると、苺づくしで映えしかない模様。
ついつい写真を撮りたくなっちゃいますね!
パンメニューのいちごカヌレも。
他にもいちごミルクバウムやいちごのころころサブレなどお土産にぴったりなものもたくさん!
美観地区の町歩きをしながら食べるのも楽しそうですが、店内もこんなふうに、
フォトスポットがたくさん!
苺好きな方にはたまらない空間なのでは?
地図ではここ。
住所は倉敷市本町4−13。
お店は倉敷川沿いから1つ入ったところの通りで、お店から左に行くと「金賞コロッケ 倉敷店」さんがあるあたりに。
お店から右を見るとこうです。
ちょうどアイビースクエア西門の目の前で、
スヌーピーショコラ」や「みっふぃー蔵のきっちん」がある通り近くです。
この通り、なんだか人気ですよね。
ちなみに店名の「うふ(oeuf)」は、フランス語で卵って意味があるらしいですよ。
話題になったらドヤってみてください。
お店情報
倉敷うふ、いちご。
住所:倉敷市本町4-13
営業時間:9:30-17:30 土日祝は18時まで
公式サイト:https://chikiriya.jp/brand/ufuichigo.php/
公式Instagram
最近の美観地区関連リンク
【倉敷市】美観地区に商業施設!「倉敷SOLA」ができるみたい
倉敷市の美観地区に大きな商業施設ができるみたいです。 それ が「倉敷SOLA」。 こちらの施設のコンセプトは「未来へかける倉敷SOLA」 倉敷のものづくりを衣食住で体感できる施設です。 店舗このように↓ デニムストア / 青木被服 洋食レストラン / 倉敷洋食バラトン We

美観地区にたくさんの和傘が・・・!「倉敷春宵あかり」3月12日から開催されるみたい
倉敷市の美観地区を流れる倉敷川にたくさんの和傘が登場していました。 これは3月12日から21日まで開催される「 第15回 倉敷春宵あかり 」のための展示です。こちらの PDF によると期間中は17:30から21:00の間、倉敷美観地区一 帯で幻想的な和の灯りが点灯されます

美観地区に燻製屋「とののベーコン。」できてる。コーヒースタンドも併設のお店
倉敷市の美観地区に「とののベーコン。」さんができていました。 「とののベーコン。」さんといえば、岡山市の奉還町に燻製工場があったり、問屋町に新しく出店したりしている燻製屋さん。 当然お店の中には、 ピーチポークや、 イベリコ豚、 スモークサーモン、チーズ、ソーセージなど並んでいて、近く を通った方の注目度も高い様子で
スポンサーリンク
筆者情報
この記事を書いた人

2020年スタートした岡山の人がギリギリわかるくらいの雑談ネタをたくさん発信しているゆるい情報サイト。
・総記事数4000超
・月間約100万PV,約30万UU
・SNS総フォロワー6.2万
岡山県内の開店閉店・グルメ・話題・イベント情報などを発信しています。
中の人・ひと昔、山陽新聞に → https://onisanpo.com/wadai/37229/

カフェ・喫茶店倉敷市開店・閉店
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク