PR

東洋経済「住みよさランキング2023」発表されてる。岡山で1位だったのは?

1993年から毎年公表されている東洋経済「住みよさランキング2023」が発表されていました。

こちらは東洋経済新報社が、公的統計をもとに全国812市区のもつ各種指標について偏差値を算出し、平均値を総合評価としてランキング化したもの。

「住みよさランキング2023」全国総合トップ200
...

1位は「石川県 野々市市」、2位は「東京都 武蔵野市」、3位「福井県 福井市」と続く中で岡山県内1位だったのは、、、

瀬戸内市でした~!

各指標のランキングは、「安心度」54位、「利便度」714位、「快適度」607位、「富裕度」257位。

↓分かりやすい『「住みよさランキング2023」中国・四国編トップ50

「住みよさランキング2023」中国・四国編トップ50
...
瀬戸内市で行われたティラノサウルスレースのようす

瀬戸内市で高かったのは安心度

交通事故や犯罪の認知件数が低いことや、病院・福祉・介護施設や子育て環境も充実していると上がる指標です。

ティラノサウルスレースでも力を入れている様子が見られたのでこれは納得!

岡山県からは、瀬戸内市・津山市・岡山市と続き、瀬戸内市が総合順位200位以内に入っている唯一のエリアとなりました。

ユニークな特徴で言うと、美作市が都市公園面積全国1位

また、住みやすさを売りにしている岡山県としては、「もうちょっと上じゃないん?」って思って、調べてみた各指標がこちら↓

A.安心度
①人口当たり病院・一般診療所病床数(2021年10月):厚生労働省「医療施設調査」
②老年人口当たり介護老人福祉・保健施設定員数(2021年10月):厚生労働省「介護サービス施設・事業所調査」
③20~39歳女性人口当たり0~4歳児数(2022年1月):総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」
④子ども医療費助成(対象年齢・所得制限の有無)(2023年4月):東洋経済調べ
⑤人口当たり刑法犯認知件数(※)(2021年):各都道府県警察調べ
⑥人口当たり交通事故件数(※)(2021年):交通事故総合分析センター調べ
B.利便度    
⑦人口当たり小売販売額(2020年):総務省・経済産業省「経済センサス活動調査」
⑧人口当たり大規模小売店店舗面積(2022年):東洋経済「全国大型小売店総覧」
⑨可住地面積当たり飲食料品小売事業所数(2021年6月):総務省・経済産業省「経済センサス活動調査」
⑩人口当たり飲食店数(2016年6月)総務省・経済産業省「経済センサス活動調査」
C.快適度    
⑪転出入人口比率(2021年):総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」
⑫水道料金(※)(2023年4月):東洋経済調べ
⑬汚水処理人口普及率(2022年3月):国土交通省、農林水産省、環境省調べ
⑭気候(月平均最高・最低気温、日照時間、最深積雪)(1991~2020年):気象庁「メッシュ平年値データ」
⑮都市計画区域人口当たり都市公園面積(2021年3月):国土交通省「都市公園整備水準調書」
D.富裕度
⑯財政力指数(2021年度):総務省「市町村別決算状況調」
⑰人口当たり法人市民税(2021年度):総務省「市町村別決算状況調」
⑱納税義務者1人当たり所得(2021年):総務省「市町村税課税状況等の調」
⑲1住宅当たり延べ床面積(2018年10月):総務省「住宅・土地統計調査」
⑳住宅地平均地価(2022年7月):国土交通省「都道府県地価調査」
   

https://toyokeizai.net/articles/-/677972?page=5より

要するに、「お出かけ・お買い物がしやすく賑やかで、水道、医療、福祉など、社会インフラや行政サービスが充実しながら、治安が良くて転入者も多く、公園も多くて市民が豊か」だと順位が高くなる…ってコト?

特に関係ない駅前商店街の桃

僕も「街づくり」は(ゲームで)よくやりますが、利便性を上げたら安心度が下がりますし、安心度上げてたら富裕度がピンチになっていくので、なかなか奥深いランキング指標でした。

とは言え、気候や土地条件など岡山ってポテンシャルあると思うので、ジワジワと上げていきたいですね~。

その他の詳しい結果が知りたい方は上記サイトからどうぞ!

ランキング関連リンク

スポンサーリンク
筆者情報
この記事を書いた人

岡山の人がギリギリわかるくらいの雑談ネタをたくさん発信しているゆるい情報サイト。岡山県内の開店閉店・グルメ・話題・イベント情報などを発信しています。SNS総フォロワー5万。最近、中の人が山陽新聞に掲載されました。

話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク