「岡山出身」がTwitterトレンド入り|M-1、鬼滅、麒麟がくる

 2020年12月20日Twitterのトレンドワードに「岡山出身」がランクインしていました。

(出典:Twitterトレンドより)

これは「M-1グランプリ2020」で岡山出身のお笑い芸人さんが多かったことからTwitter界隈でざわつき始めました。

おにさんぽでも以前、「岡山出身者が4人」と記事にしたところ。↓

結果は残念ながら岡山県より優勝者は出なかったのですが、最終決戦3組に岡山県和気郡和気町出身のリリーさんがいる「見取り図」が残りました。

決勝ネタで岡山のことが出たこともトレンド入りの要因になったかもしれません。

おに的には見取り図の決勝戦ネタが好きだったんですけどねぇ~。

ただ、ウエストランド・東京ホテイソン含め、M-1優勝していなくても千鳥さんみたいに大人気になっている例もありますから、頑張ってほしいです。

M-1グランプリ2020年の裏番組で岡山出身者

また実はこのゴールデンタイムの時間帯、岡山出身者が関係している他番組が視聴率レースを繰り広げていたんです。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の題字は岡山県倉敷市出身の中塚翠涛さん。

鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編

鬼滅の刃の鱗滝左近次の声を担当しているのは岡山県津山市出身の大塚芳忠さん。

2020年は岡山出身者の活躍が目立った年でもありました。




「なんか岡山すごい!」と思ってもおそらく岡山の人が調子に乗る事はありません。
なぜなら岡山の人が1番当惑しているからです。笑
今年も残り少なくなってきましたが調子に乗らずボチボチと粛々と頑張っていきましょ~。
+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました