【笠岡市】千鳥・大吾さんの故郷に行ってみた 前編【北木島】

2020年11月11日、お笑いコンビの千鳥・大吾さんの故郷である北木島に行ってみました。

https://twitter.com/daigotime

 

おにさんぽでは岡山出身有名人の出身地にちょこちょこお邪魔させていただいております。

最近ではミュージシャンの藤井風さんボーイズグループJO1豆原一成さん、プロゴルファーの渋野日向子さんなどテレビで岡山弁を聞く機会が増えました。

その中でも、歴と頻度ともに岡山弁を全国放送に現在最も広めているお笑いコンビの千鳥さん。

大吾さんの地元である笠岡市北木島は地名からわかります通り人口約800人の瀬戸内海に浮かぶ離島です。


笠岡の伏越港からフェリーで約1時間で行けます。

笠岡が個性豊かでとっても人情味あふれる雰囲気が楽しめる場所なのはこれまでも取り上げてきたところ。

【笠岡市】笠岡ラーメンの老舗「坂本」|お会計もセルフサービス?なローカル名店【おにさんぽグルメ】
笠岡市のローカルグルメ 笠岡ラーメン!今回のその中でも老舗中の老舗「坂本」さんのラーメンです。特徴は鶏ガラベースのスープにチャーシューではなく鶏肉、メンマ、青ネギ。おもしろいのがお会計もセルフサービス。 ダンボールの記載からもわかるように昨日今日はじめたものではなさそうです。一万円札はNGとのことなので注意しましょう。

【笠岡市】フィギアスケートのブーケは岡山の方が作ってるみたい| 萬木善之さん
2020年11月10日、笠岡市にある「フローリスト萬」にお邪魔させていただきました。こちらを拠点に活動するフラワーアーティスト萬木善之さんは国内フィギアスケート表彰式のブーケ(花束)の制作を担当。浅田真央ちゃんや羽生結弦くんと一緒にたくさん写ったものブーケを作成したのは岡山の方なんです。
【笠岡市】「朝ラー」ができる「笠岡ラーメン 山ちゃん」|【おにさんぽグルメ】
今回は笠岡ラーメン山ちゃんの笠岡ラーメン並盛(700円)。海沿いにある笠岡ラーメンの名店です。かしわチャーシュー、醤油のスープ、青ネギとまさに笠岡ラーメン!そしてこちらのお店、朝6時から開店している「朝ラー」推奨店。少し前は朝5時から開店していたとっても元気がお店なんです。

 

フェリーの大福丸でもそんなかんじ。

チケットはどこで買うのかな?と、思っていたら乗船後船員さんが来てくれるとのこと。

「石切の渓谷とか行くん?」
船員のお兄さんが気さくに話しかけてくれます。


「じゃったら、このパンフレット持っていかれぇ!
んで、ここ大吾ん家な!☟」

風くんや豆原くんとはずいぶん違う地元の方の紹介。(笑)
さすが芸人さんの地元民。
これだけでおもしろい。
豊浦フェリー乗り場に到着します。

到着すると左手にこの島の400年にも及ぶ石の歴史や文化を学べるストーンミュージアムやゆっくりと時間が過ごせるカフェ、レジャー関係が楽しめる「K’s LABO」があります。

Ks LABO STONE MUSEUM CAFE & MARINA
K's LABO(ケーズラボ)は、岡山県笠岡市ー瀬戸内海に浮かぶ小さな島―北木島にある、複合施設です。

この日は水曜日なのでお休み。

北木島を巡るのには、ここでレンタサイクルを借りるのがオススメ。

K's LABO
K's LABO、岡山県 笠岡市 - 「いいね!」215件 · 1人が話題にしています · 53人がチェックインしました - 岡山県笠岡市ー瀬戸内海に浮かぶ小さな島ー北木島にある施設です。ストーンミュージアム、ミュージアムショップ、カフェ、レンタサイクル、マリンレジャーと様々です。

今回は持ってきた自前の自転車でサイクリングを楽しみます。

おお!石でできた恐竜がいますよ!

そうなんです。

この北木島、石材店が多く石を加工したアートがたくさんあるんです。

アート見学もそこそこに自転車を走らせるとキタギアンコーストさしあたります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

千鳥 大吾さんの故郷 #北木島 #キタギアンコースト #岡山 #岡山観光 #笠岡 #北木島 #千鳥 #千鳥大悟 #絶叫

岡山 おにさんぽ(@onisanpo1)がシェアした投稿 –

うっひょ~!気持ちいい!

海沿いの道を瀬戸内海の白く輝く水面や多島美を眺めながらサイクリング。

離島のサイクリングは別物に楽しいです!

こんなふうに石を削った様子やそれを積んだところがあり他にはない景色が見られます。

一部、狭い道もあるので交通ルールはくれぐれも守ってくださいね。
おっ!きてるね!
結構な傾斜の道もあります。

 

ぐいぐい上っていくと茂みの間から海を一望できる景色が。

あとは下るだけ。

降って少し行ったところで千鳥・大吾さんの生家があります。

後編へ続く。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました