スポンサーリンク

12月13日・14日は「ふたご座流星群」が見えるかも

2021年12月13日から15日明け方にかけて「ふたご座流星群」の活動がピークになるようです。
(画像はイメージです)
今年のふたご座流星群はピークとなる極大日が14日の16時なんだそうで、13日の夜から15日くらいにかけて見えるんだそうです。

岡山の13日は晴れ時々曇りと、なんかよく見えそうな予感。
ウェザーニュースによると「チャンスあり」から、県南部では「バッチリ見える」となっています。
ふたご座流星群はよく見えると1時間で何十個も見えるようです。
流れ星に願いを3回言うと叶うって言いますし、試すチャンスたっぷりのボーナスステージになるといいですね~。
星空といえば、「星空保護区」に認定された井原市美星町の美星天文台で「ふたご座流星群観察会」もやるそうなのですが、すでに予約がいっぱいになっていました。
それだけ注目度が上がってるってことですね。
最近、夜空を見上げることが増えてきているロマンチックな岡山県。
その流れに則り、僕も明日は「年末ジャンボ当たれ!!」って血走った眼で唱えてみようと思います。(台無し)
人工の光が少ないところで15分くらい夜空を眺めていると見えやすいそうです。
温かくしてご覧になってみては~。
岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました