スポンサーリンク

【井原市】美星町がアジア初「星空保護区(コミュニティ部門)」に認定されたそうな

井原市美星町は国際ダークスカイ協会に「星空保護区(コミュニティ部門)」として認定されたようです。

(画像提供:プレスリリース
現在、「星空保護区」としては日本の沖縄県の西表石垣国立公園と東京都神津島村に続き3例目。
「ダークスカイ・コミュニティ」というカテゴリーの中だとアジア初なんだとか。
「星空保護区」は「星空版の世界遺産」とも言われるそうで、アフリカ・ナミビアの「ナミブ砂漠」やニュージーランドの「テカポ湖」などテレビで聞いたことあるようなところがズラリ。
この「ダークスカイ・コミュニティ」というのは町や市といった自治体単位が認定対象です。
美星町は「星空に優しい照明」を使ったり、条例を作ったり、教育啓発活動、地域住民の夜空保護への支援などが評価され、全会一致の認定となったそうです。
場所が評価されるのも嬉しいですが、取り組みが認められるのはもっと嬉しいですね!
日本にはいろんな観光地がありますが、「星がきれい」ってユニークでおしゃれな感じがします。
井原市では年末年始と様々なイベントが予定されています。
昨年大人気だった「星降るレストラン」の第2弾企画「星空ピクニック」も予定されているそうですよ!
東京在住の週末キャンプに命をかけている友人がいるのですが、ガチで羨ましがられました。
それくらいアウトドア好き、星好きの人からすると羨望の地である「美星町」。
国際的に認められたことで世界から注目度も上がりそう。
機会があればイベントにも参加してみたいですね~。
ちなみに井原市出身の有名人には千鳥の「ノブ」さんやシンガーソングライターの「藤川千愛」さんがいます。
何が言いたいかと言うと、ス・・・スターが多いというか・・・いやなんでも・・・。(うまくない締め)
岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました