スポンサーリンク

【笠岡市】千鳥・大吾さんの故郷に行ってみた 後編 石切りの渓谷など【北木島】

2020年11月11日、お笑いコンビの千鳥・大吾さんの故郷である北木島に行ってきた後編です。

傾斜のきつい丸岩地区を超えると、大吾さんの生家が近くです。

観光スポットになっているんですね!

残念ながら2020年11月現在、新型コロナウィルスの影響で訪問が出来ませんでした。

以前は大吾さんのお父さんやお姉さんとお話ができて、とっても優しい人柄に触れれる場所だったようです。

さて、ここでいったん休憩してきた道を戻ります。

テンションが落ち着いたら帰りの傾斜めちゃくちゃきつい💦
●石切りの渓谷
次に目指すは石切りの渓谷。

実は今じわじわ知名度が広がっている最怖のスポット。

看板に従って曲角を曲がると受付である鶴田石材株式会社さんの事務所があります。

ガイドさんに従って50メートルほど上の展望台に向かいます。

こちらの方が大吾さんのお父さんみたい。

そしてこちらが噂の石切りの渓谷展望台。

フェンスに囲まれ、鎖と南京錠で封鎖されたむき出しの金属がスリルをかきたててくれます。

ここでガイドさんから一言。

「揺れます。」

 

どうやら風や地震の時のために揺れる仕様なんだそう。

安心してガイドさんを信じて進んでくださいね。

うわー、やべぇ~・・・。

高所恐怖症の方はちょっとやめといたほうがいいかもしれない60メートル位の高さ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

千鳥 大吾さんの故郷 #北木島 #石切りの渓谷展望台 #岡山 #岡山観光 #笠岡 #北木島 #千鳥 #千鳥大悟 #絶叫

岡山 おにさんぽ(@onisanpo1)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

千鳥 大吾さんの故郷 #北木島 #石切りの渓谷展望台 #岡山 #岡山観光 #笠岡 #北木島 #千鳥 #千鳥大悟 #絶叫

岡山 おにさんぽ(@onisanpo1)がシェアした投稿 –

ですが四方を削られた岩肌に囲まれて眺められるなんて事は初体験の荘厳な景色。

良質な花崗岩が取れるとして明治時代から掘り進めているんだそう。

ここの石が「大阪城桜門」「日本銀行本店本館」「伊勢神宮参拝道の灯籠」「三越本店」「明治神宮神宮橋」「靖国神社花崗岩の大鳥居」などなど歴史的な建築物使用されてきた歴史があります。

ガイドさんからお話から、昔の人の息遣いが聞こえてくるような体験ができます。

 

 

無事帰還したところで次のスポット光劇場・島カフェに向かっていきましょう。

すると・・・おや!?

何やらたくさんの猫さんが、

人にも慣れているようで「撫でてー!」と近寄ってきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

千鳥 大吾さんの故郷 #北木島 #猫 その2 #岡山 #岡山観光 #笠岡 #北木島 #千鳥 #千鳥大悟 #絶叫 #猫島

岡山 おにさんぽ(@onisanpo1)がシェアした投稿 –

エサは島の人の迷惑にもなるのであげられませんが、震え上がった心を癒せるスポット。
場所はここ↓

ストアーつるた前です。
光劇場はその「ストアーつるた」からと近いところにあります。

こちらもお休みだったのですが、予約をすると施設内を見学できてたり、コーヒーが買えたり、地元の常連客の方とも触れ合えるかもしれないスポットです。

さて次は少し戻って「北木のベニス」。

ベニスはベネチアの英語読み。

ワンピースのウォーターセブンの元ネタとなった水の都。

 

この投稿をInstagramで見る

 

千鳥 大吾さんの故郷 #北木島 #北木のベニス #岡山 #岡山観光 #笠岡 #北木島 #千鳥 #千鳥大悟 #絶叫

岡山 おにさんぽ(@onisanpo1)がシェアした投稿 –

街の一角となりますが、積み上がった四角い石ときれいなグラデーションの海、そして船の組み合わせは確かにベニチアっぽい。

近くの「北木の桂林」と一緒に楽しめる場所にあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

千鳥 大吾さんの故郷 #北木島 #北木の桂林 #岡山 #岡山観光 #笠岡 #北木島 #千鳥 #千鳥大悟

岡山 おにさんぽ(@onisanpo1)がシェアした投稿 –

透き通ったきれいな水で景色が水面に反射します。

四角い石が沈んでいてノスタルジックなかんじ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

千鳥 大吾さんの故郷 #北木島 #石積み #岡山 #岡山観光 #笠岡 #北木島 #千鳥 #千鳥大悟

岡山 おにさんぽ(@onisanpo1)がシェアした投稿 –


他にも人は人の手が入った石の姿がたくさん見られます。

岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました