「新RSK」1階「QINOCO(キノコ)」のランチ「しょうが焼定食」など(岡山市北区天神町)【おにさんぽグルメ】

実際に食べておいしかったものを紹介するおにさんぽグルメ。
今回は「RSKイノベイティブ・メディアセンター」1階にできた
QINOCO」のランチメニュー、
しょうが焼定食ランチドリンクセット(1650円税込)」です。
※価格は2021年6月7日時点。

 

こちらの「QINOCO」は、行列ができる倉敷市川入にあるカフェの2号店。

 

今回、RSKの新社屋オープン6月6日に一緒にオープンしました。

 

頼んでみてドーンッと、登場したボリュームたっぷり品数豊富なセット。

 

生姜焼きの山盛りを撮ると、
サラダが見えないくらいのボリューム感でした。
揚げとネギの味噌汁は、だしの旨味がしっかりしていて、ほっと一息つける!見た目でわかるやつです。
他にも、かぼちゃやしめじ、えのきなどと一緒に白米。
さて、まずメインの生姜焼きから。

 

お箸で持ち上げた瞬間、ズシッと伝わってきます。

 

カフェの和食定食なので、「ヘルシーで女性も喜ぶかんじかなー」と、思ってたら
これは育ち盛りの男子も喜ぶやつ」です。
もちろんかぼちゃやお漬物など味がしっかりしていて、野菜もたっぷり。

 

こんなん健やかに育ってまうやろ!ってくらい栄養を感じました。
これはなんだろう?と、思った不思議な野菜。

 

でもおいしかったです。

 

全体的に白米としっかり合う味わいで、「さすが倉敷の行列店!」と納得の定食でした。
食後に頼んだカフェラテもすっきり飲みやすい爽やかな感じ。
見返してて「なんでこのアングルで撮ったんだろう?」と、疑問に思ったんですが、おしゃれエリアの美味しいご飯に満たされて、美的センスが高まっていたのでしょう。

 

グラデーションと涼やかさ(?)を撮りたかったんだと思います。
「QINOCO」さんの公式サイトから見てみると淹れ方にもこだわりがあるみたい。
その他メニューはこんな感じ

 

倉敷店とはフードメニューが変わっていて、すでに倉敷店行ったことがある方も楽しめそう。

 

お店の雰囲気もコンクリートや金属のスタイリッシュな美術館のカフェといった内観でした。

 

また、木を使ったテーブルやイス・背もたれ、大きめの窓から差し込む陽光、また店員さんの雰囲気であたたかい雰囲気もあって落ち着けました。
まさに都会の中のオアシス!(岡山は大都会らしいので)

 

テレビ・ラジオ関係の方もご利用しているようで、もしかしたら有名人の方とご一緒できるかも。

実際、スターもお見かけしました。

↓地図ではここ。
住所は岡山市北区天神町9-24「RSKイノベイティブ・メディアセンター」1階、岡山県立美術館寄りの一角です。

 

お店情報
QINOCO RSK
住所:岡山市北区天神町9−24
公式サイト:https://www.qinoco.com/
公式Instagram:公式tumblr
倉敷店の様子は「倉敷とことこ」さんがわかりやすく記事にしてらっしゃいました。
岡山店の「QINOCO RSK」といっしょに人気店めぐってみては~。
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました