美観地区から徒歩1分!愛すべきイベント「高梁川マルシェ 阿知町界隈文化祭」開催中。10月9日まで

2022年10月8日、3連休の初日ってことで美観地区にはたくさんの人が!
気候的にも絶好のおでかけ日和で賑わってました。
↑モデル体型な鬼太郎。
見どころたっぷりな美観地区ですが、見逃してほしくないイベントが中央通りを挟んで反対側で開催中です。
それが「高梁川マルシェ 阿知町界隈文化祭」
こちらは国指定重要文化財「大橋家住宅」を中心に高梁川流域のこだわりの食や生活雑貨のお店が一堂に会する文化交流イベント。
食品やスイーツ、ガラスアート作品やレザー・木工作品など個性的なお店がたくさん出店してます。
地図ではここ↓
大橋家住宅エリアの店舗一覧↓
美観地区が情緒ある街並みで有名ですが、こちらの阿知町通りも静かで落ち着いた雰囲気の街並み。
通りを見ていきますとイタリアンや餅入りたい焼き、
紙芝居などのぼりが出ていて、美観地区からホッと一息には絶好の癒し系の通りになっています。
昔、倉敷アイビースクエアに前身のお店があったオリジナルキャンドル手作り体験ができるキャンドルフェアリーさんを覗いてみるとキュートでポップなキャンドルがズラリ!
美観地区から来たであろう着物の方も多くてお土産にもピッタリなかんじでした!
人気が高まっている苔玉は「倉敷グリーンファーム」さん。
それから普段は見えない屏風展などもこのイベントのために開催。
それから1本路地を入ってみると子どもたちが喜ぶ縁日のお店!
駄菓子や金魚すくい、ヨーヨー釣りや射的もできまして、地元のお子さんも楽しめる通りになっています。
ここまで来ると「高梁川マルシェ 阿知町界隈文化祭」の端っこですが、ぜひとも立ち寄って頂きたいのが、ヒルペコ等メディアでも紹介された「トラットリア自家製蕎麦 武野屋」さん。
A5等級の和牛串や、
このイベント限定の「茶々茶パフェ」は20食のみ!
かなり早めに完売したんだそうで、明日の9日はぜひお早めに。
それから別邸に入ってみると、武野屋さんで使用している波佐見焼の器や、砥部焼、有田焼、九谷焼などが並んでいます。
武野屋オリジナル蕎麦猪口も新登場したんだそうですよ!
それから県内外からもユニークなお店さんが来てらっしゃいまして、
こちら石と薬草のカタチのブティックさん。
昨年も出店して大人気だった拾石(shaku-seki)シリーズが、今年も店頭に並んでいます。
石のアクセサリーを販売してて「アートやん!」って思ってたら、これら素材は厳選した石をそのまま無加工で使用しているんだそうでなおさら「アートやん!」でした。
香川からの出店で県外のお店を気軽に見れるのはこういったイベントならではですね!
また、自家製薬草茶をベースにブレンドした養生茶「かたちちゃ」も一緒に販売。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naomi(@na0mi_moon)がシェアした投稿

その「かたちちゃ」を監修した国際薬膳調理師の先生もいらっしゃっていたので、薬膳に興味のある方もぜひお話をしに来てみてください。
それから「おっ!一杯やる気じゃな!!」って見えますが、こちらはコーヒー。
ネルドリップで丁寧に淹れて一晩、備前焼の甕で寝かせたコーヒーを販売する「Sprout Coffee」さんです。
「備前焼にお酒」ならよく見たことがありますが、「備前焼にコーヒー」って初めて見ませんか?
飲んでみると最初カァ~!っと苦みが来ますが、不思議とあと口まろやかですっきり。
かなり苦み・酸味があるコーヒーも備前焼で一晩寝かせるとまろやかになるんだそうです!
こんなふうに高梁川流域に暮らす人やお店の息遣いや温もりが伝わってくるような「高梁川マルシェ 阿知町界隈文化祭」。
倉敷駅前や美観地区から少し足を延ばしてみては~。
イベント詳細
高梁川マルシェ・阿智町界隈文化祭
場所:岡山県倉敷市阿知3丁目21−31付近
公式サイト:https://takahashigawa-marche.jp/
公式Facebook:公式Instagram
スポンサーリンク
岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
イベント倉敷市
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました