中庭×2階!?平屋が人気のシンプルノート新モデルハウス見に行ってきた【おにさんぽ広告】

中庭×平屋が人気のシンプルノートに2階!?
日当たり抜群の明るい屋内!!

気になる2階は果たして!?

 

このお家を建てたのは…

株式会社ヴィータデザインさんの
「SIMPLE NOTE(シンプルノート)岡山北・倉敷スタジオ」
「岡山おにさんぽ」には以前、「平屋×中庭の家」で登場頂きました。

設計士が考えたカッコイイ家、家事動線にこだわったデザイナーズ住宅、
その人のライフスタイルや予算に合わせたお家を建ててくれます。

▶公式サイト

 

スポンサーリンク

外観

新しくできた「中庭×2階建ての家」のモデルハウスを松本店長にご案内頂きました。

 

外観はシンプルノートのコンセプトをもとに、デザイン性・機能性・防犯性の高い造りです。
あとは今回のモデルハウスは白を基調に、木をポイントで入れ和のエッセンスを取り入れました。

今回もカッコイイお家ですね~!

SIMPLE NOTE(シンプルノート)とは

シンプルノートは、「無駄をそぎ落とし、豊かな人生を送る」という「Less is design(レスイズデザイン)」の設計思想によって建築されたブランド。

従来のデザイナーズ住宅とは一線を画し、「機能美」を追求したシンプルな住まいづくりを実現しています。

▶モデルハウスデータ

■土地面積:45.02坪(148.83㎡)
■延床面積:27.7坪(91.7㎡)
1階:19.85坪(65.62㎡)
2階:7.89坪(26.08㎡)
■間取り:3LDK+S
■駐車場:3台
■構造・工法:木造2階建て
■その他概要:設備:浄化槽、オール電化
ダイニングセット、エアコン3台、食洗機、浴室乾燥・暖房機、全室照明

真ん中のスロープを上っていくと、白の外観に木目のコントラストが映えるエントランスです。
では、お邪魔しまーす!

無駄のない生活・家事動線

玄関スペースはスッキリとシンプルに!
正面にシューズクロークがあります。
シューズクローク上の壁も和のテイストでカッコイイですね!
それではひとまずお家の一階をグルっと回ってみましょう!
まずは右手から!
入って右手にはリビング・ダイニング(17.5帖)です。
一階はシンプルノートの特徴である無駄を極力省いて家事・生活のしやすさを追求した間取りです。

廊下を省いたり、庭や外構を無くしたり、前の「中庭×平屋のお家」でも目からウロコでした!

それではリビングの奥に行って左手はこちら。
ここはたっぷり収納ができるウォークスルークローゼットです!
そこを通って玄関に戻る造りになっています。
さすがの家事・生活がしやすい神動線!!
玄関からクローゼットが近いのも、なにかといろいろ助かりそうです。

中庭

では、各部屋をしっかり見ていきましょう!
まずは、なんと言ってもこの中庭です。
やっぱりめっちゃ日当たりが良い!
前からこの中庭はお気に入りです。
この中庭があることで前回の「中庭×平屋の家」同様、時間や場所を選ばず採光がしやすくなっています。

ちょうど今は西日のタイミングですが、このように中庭の壁に反射して柔らかな光が差し込んできてますね!
この中庭があることで光熱費やカーテン代から外構工事費用までが浮いたり、洗濯物も気兼ねなく干せて、プライバシーも守れてメリットがたくさん!

 

お家づくりを考えてる方にはホントに見てほしいです………何よりおしゃれだし。

ちなみに前回との違いは、中庭の位置が中央ではなく東寄りになっています。
確かに!それはなんでなんですか?
中庭の位置は、その土地や近隣の状況によって最適な位置に決めます。
ここは後ほどしっかりとご説明しますね!

ダイニングキッチン

こちらがダイニングキッチンです。
キッチンとテーブルがつながってておしゃれ!
「GRAFTEKT」(グラフテクト)というブランドのシステムキッチンを採用しています。

 

ダイニングテーブルとしても作業スペースとしても使っていただけます。
窓も近いので、明るい食卓になりそうですね!
調理から配膳、食器洗い乾燥機もあって片付けまでコンパクトなスペースにまとまっています。

 

なので、家事がとても楽にできるようになっていますよ!

 

それからキッチンの奥は収納スペースがあります。
おお!!
おしゃれキッチンに見惚れて気づきませんでした!
棚がこんなにたくさん!
キッチン収納に入りきらなかったキッチン用品・食器はここにしっかりしまうことができます。
これならキッチン周りの見た目もスッキリしそうですね。
ダイニングキッチンがスッキリするとリビングスペースがゆったりします。

洗面スペース・浴室

それからグレーのドアの先は・・・
洗面スペースになっていて、トイレと浴室につながっています。
シンプルに仕上げた洗面台の裏には収納スペースもあります。
左に行くとトイレです。

 

パナソニックのタンクレストイレ「アラウーノ」を採用しています。
右に行くとランドリールームと浴室です!
ひっ、広い!
ランドリールームのスペースは広めに取って、部屋干しがしっかりできるようにしています。

浴室には

システムバスにタカラスタンダードの「リラクシア」を採用。

温まりやすく冷めにくいので寒い日の入浴も快適で、乾燥機と浴室暖房も完備。

しかし浴室とランドリールームを合わせるとかなり広いですね!

 

部屋干しがしっかりできるのは喜ぶ方も多いと思います。
最近は「共働きで部屋干しが多い」というご家庭も増えてきています。

 

なので、こちらのランドリールームの乾燥機と浴室乾燥を使うと、部屋干し・片付けが一気にできますよ!
花粉やホコリ、時間も急な雨も気にしなくていい部屋干しに強いのはありがたい限り!!
さすがです!!

ユニバーサルスーペース&ファミリークローゼット

では、リビングに戻って奥に行くと・・・
こちらがユニバーサルスペースです。
子ども部屋にも寝室にもできる部屋ですね!
そうです!

 

生活スタイルの変化によって、2階に登らなくていいような使い方ができます。
ユニバーサルスペースとリビングの間が収納になっているんですね!

 

さっきも通ってて思いましたが、収納スペースがすごく広い!

ここがファミリークローゼットとして使っていただく、名前の通り家族みんなで使う収納です。

家族全員の衣類などをまとめて収納できるので、身支度のときにも片付けときにも楽です!
洗濯物を干している中庭やランドリールーム・浴室も近いですね!

「洗濯→干す→取り込む→しまう」も一気にできそうです。

隣が玄関なので、「身支度→外出」や「帰宅→着替え→リビング」の生活動線も一つの動線上で済ませられます。
こちらのモデルハウスは、平屋のお家よりも2階に居住スペースがあるので1階に収納がたっぷり取れるのが特徴です!

2階はどうなってるの?

では、2階にいきましょう!
待ってました!!
ちなみに階段はスケルトン階段にすることでリビングの圧迫感をなくしています。
ほんとだ!さすがシンプルノート、こだわり抜いてますね。
上がってみると・・・

明るい!!

2階の廊下部分は、この大きな窓で採光をしています。
大きな窓もかっこよくていいですね~!
2階の上がってすぐのところが納戸です。
ここに2階で使うものを収納します。
それから廊下の奥が子ども部屋です。
子ども部屋の中も壁や窓・収納の凹凸をなくして、広くスッキリ見えるのは以前のモデルハウスと同じです。
↑収納スペース。
それから廊下に出てもう一つのお部屋はこちらです。
なんだかこの両サイドに壁がある感じ、いいですね!

こちらの洋室は子ども部屋として使っても、寝室用に使うこともできます。
なるほど~!
今回もシンプルノートをしっかり堪能できました。
あと見ていてお聞きしたいのは、平屋ではなく2階建てにするメリットって何かありますか?

2階建てのメリット

例えば、お住まいの方の間で生活時間帯が違うご家庭もあります。
朝早いとか夜勤とか。

そうです!

すると、どうしてもお互いの生活音が気になることもありますので、「少し余裕のある距離感が欲しい」と言う方もいらっしゃいます。

ちょうどいい距離感ってやつですね!
あとは平屋になかったメリットもあります。
う~ん、当たり前過ぎますが広さ・・・ですか?
そうです!
2階があると縦に部屋数が増えますので、平屋よりも狭い土地ながら快適なお家づくりができます。
あと近隣の状況に合わせて2階建ての方が良い場合もあります。
例えば、3階建てのお家がお隣にあると・・・
あっ!せっかくの中庭が丸見えになります!!
そんな時は2階部分があることで、中庭が見えないようにできます。
近隣の住宅状況もクリアできるとなると、少し狭い土地でも駅前の人気エリアでも住みやすくてカッコイイお家を作ることができますよ。
すごい!!
相変わらずいつも勉強になります!
デザイン、生活スタイル、立地や予算など、ご要望に合わせて平屋も2階建てもお任せください!

お問い合わせをお待ちしております。

 


来店の際は「おにさんぽの記事見て来た」とお伝えいただくとスムーズです!

▶【 モデルハウス・セミナーのご予約・資料請求】
086-236-8878
お問い合わせはこちら

見学も随時行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

■SIMPLE NOTE(シンプルノート)岡山北・倉敷スタジオ 公式サイト 
住所:〒701-0153 岡山市北区庭瀬487−2 2F
定休日:水曜日 

スポンサーリンク
岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました