なんでパン好き?読売新聞が岡山の謎について連載してる

4月12日はパンの記念日ということもあってか読売新聞が、とある企画を連載中。
『「主食」より「菓子」派…岡山のパン』と言うタイトルで、岡山はなぜパン好きなのかを調べて5回にわたって連載してくれるんだそう。

(画像はベーカリーエグゾセさんのパン)

 

総務省の家計調査によると、岡山市「2018年から2020年平均」で1世帯あたりパンに使う金額が36,950円。

 

これは1位・神戸市に次いで2位岡山市!
3位京都市、4位が東京都区部、5位が大阪市です。

 

パンの数量(グラム数)になると堺市・京都市・神戸市・大阪市を上回り岡山が堂々の第1位!

 

なんでじゃ!?

(画像は西日本調理製菓専門学校さんのパン)

 

読売新聞の記事にもあるのですが、消費量には理由が想像できるものもあります。

 

神戸市は外国との縁が深い → わかる
京都・大阪・東京は大都市 → パンのお店も多い → まぁわかる

 

岡山市 → ??

 

と、専門家も首をかしげるんだそう。

(画像はサンロード ベーカリーカフェ クルールさんのナポリタンドッグ

 

また、食パンとなると金額で(2018~2020年平均)19位、購入の数量(グラム)で14位。

 

ちなみに食パン1位は鳥取市。

 

さらに「他のパン」と言う項目では金額・数量ともに岡山市が第1位となります!

 

つまり岡山県民は菓子パン大好き!

 

振り返ってみると、「おにさんぽ」でも菓子パンばっかり食べてます。

 

総社市では「パンわーるど総社」として市全体でプッシュしてます。
この岡山県の菓子パン好きはなんなのでしょう?

 

読売新聞の特集では最後こう続きます。

 

そこには、県民なら誰もが知る、あの黄色い看板のパン店の存在があった。
(引用元:https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210411-OYT1T50009/
この黄色い看板のパン店には、おにさんぽでも聞き覚えがありまして、

 

やっぱりおいしい!キ・・・・

 

読売新聞の次回作に期待です!

読売新聞の記事はこちら

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました