岡山でコロナワクチン接種が始まりました。高齢者施設の入所者から

2021年4月12日、新型コロナウィルスのワクチン接種が一般住民にも始まりました。

(画像は岡山市役所)

医療従事者ではなく、一般住民への摂取は県内で12日から始まり、高齢者施設の入所者への巡回接種が先行されます。

新型コロナワクチン接種について(随時更新) | 岡山市

岡山市役所のホームページでは新型コロナワクチン接種についての情報が随時更新されています。

これによると摂取の順番が、

①医療従事者
➁高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた人)
③基礎疾患のある人、高齢者施設等で従事している人
④それ以外の人

となっています。
接種対象は16歳以上の方です。

ワクチン接種の流れは、

岡山市から「摂取券」、「予診票」及び「接種可能医療機関一覧表」が届く(4月23日より)
              ↓
接種希望者は医療機関や接種会場に予約(5月10日より)
              ↓
摂取券」と「予診票」(事前に記載)「本人確認書類」を持参して予約したところまで行く(5月17日より)

と言う感じのようです。

ワクチンを間隔をあけて2回摂取する必要があり、接種希望者は無料とのこと。

4月12日時点では、まだ③④に該当する方の接種時期には記載がありませんが、決まり次第ホームページでお知らせとあります。

まずは摂取券が届くところから始まりますが、事前に大まかな流れをチェックしておいてみては。

新型コロナワクチン接種について(随時更新) | 岡山市

また、日程について市町村ごとに違いがありますので、お住いの自治体の情報をご覧ください。

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました