スポンサーリンク

【北区】表町商店街「桃太郎商店」の汁なし担々麵4辛がやばいらしい【おにさんぽグルメ】

実際に食べに行ったものを紹介するコーナー「おにさんぽグルメ」。

今回は表町商店街にある「桃太郎商店」さんの「汁なし坦々麺4辛」(800円)「魚介豚骨ラーメン」(780円)

最近、路上の屋台をオープンしたこちらの桃太郎商店さん。


表町商店街の中でだいぶ南に行ったところにあり、もなど喫茶店さんよりももっと南。

【北区】表町もなど喫茶店が3周年|手ぬぐいがもらえるかも
岡山市北区表町商店街にある「もなど喫茶店」が7月末に3周年を迎えました。大正時代の神戸純喫茶をイメージした店内。見るも鮮やかなフルーツポンチやクリームソーダなどのメニューで人気を博してきたお店。

閉店してしまった大森楽器店さんより少し北にあるこちらのお店。

 

普段はおいしいラーメン屋さん。
でも、ここに殺人的に辛いメニューがひっそりと息を潜めております。

それが「汁なし坦々麺」。

世界ランキング上位の超激辛唐辛子「キャロライナリーパー」、「スコーピオン」、「ジョロキア」を配合した凶悪な一品。

辛さランキングはこちら↓

スコヴィル値 - Wikipedia

ハバネロの10倍くらいのものが3つ入ってるっていう素敵メニュー。

そして今回、食べてくれるのは友人のM本くん。

M本くんのスペックは「ココイチ 10辛」をおいしく食べていられる稀有な能力をお持ちの方。

 

実は、何度か桃太郎商店さんにお世話になっていて、毎回悶えながら食べているのですが、数か月後には「桃太郎商店行こう!!」とガンギマリの目で訴えてくるなかなかな御仁。

店員さんとも顔なじみで、「ジョロキアサービスで乗せときました!」

と言わせしめるVIPなお客さんでもあります。(あれ?実質4辛超えてない?)

 

さて、こちらが実食中のM本くん。

 

 


M本くん「ズルズル~、ゴホッ!ズルズル~・・・(無言)」

おに「・・・(あっ、これやばいやつだ)」

 

苦悶の表情と大量の汗で辛さを表現してくれています。

どれくらい辛いか、彼の言葉を抜粋すると、

「辛い」
「あ~これやばい!」
「舌が痛い」
「飲んだ水が痛い」
「今度、タオル持ってくる必要があるな」
「息が辛い」
「マスクしてると息で目が痛い」
「ジョロキアがフルーティ(?)」←(終盤)

山椒と八角とラー油を混ぜたもの。
これが曲者で辛いらしい。

小刻みに震えながら食す姿は食事というより「激辛ラーメンという競技」。

上級者になると、ヘッドホンでガンガン音楽を聴きながら食べる方もいるらしい。

おにが食べたのは魚介豚骨ラーメン。

出汁が効いててとってもおいしく優しいラーメン。

辛いものが苦手な方もぜひどうぞ。

メニューはこちら↓

↑鬼を殺さないで!

取材や芸能人の方もたくさん来てる人気店でもあります。

食後、M本くんに激辛ラーメンを食べる意義を聞いてみると、
「生きてることを実感できる」

ことらしい。(それいる?)

我こそは激辛好きという方、そうじゃなくてもラーメン大好きという方、ぜひ行かれてみては。

 

場所はここ↓

お店情報
桃太郎商店
住所:〒700-0822 岡山県岡山市北区表町3丁目7−27
電話: 086-289-0034
公式Facebook:公式Twitter:公式Instagram
岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました