スポンサーリンク

電車のデザイン変わるらしい。JR西日本「岡山・備後」エリアで2023年以降に導入予定

JR西日本より「岡山・備後」エリアに導入予定の新型車両(227 系
近郊形直流電車)デザインが発表されました。

(画像提供:プレスリリース
デザインコンセプトは「豊穏の彩」でピンクがシンボルカラー。
「岡山の桃/福山のバラ/尾道の桜」をイメージしているんだそうで、暖色系となっています。

「2023年度以降に順次導入」で「山陽線など」となっています。
ネットを見てみると、「国鉄岡山が民営化か・・・」って声が多くて、岡山ってそんな認識だったんですか?w
安全性・利便性・快適性も高めるデザインになっていて、出入り口が広くなったり、LED照明になるそうです。
ドア上部の情報表示装置による2か国語での行き先案内があるなど「アカン!岡山が大都会になってまう!(ポジティブ)」。
導入が2023年以降なのでまだもう少し時間があります。
車両愛称名を募集予定なんだそうで、来年の今頃には走っているってことですね~。
旧車両の写真を撮っておくと記念になると思います。
それでは!
岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました