PR

伯備線でパン輸送の実験してたそうな

話題
2022年2月17日、JR西日本岡山支社が伯備線普通列車の空きスペースを使って総社市から岡山駅へパンを運ぶ実証実験を行ったそうです。

総社駅前の人気店「トングウ」さんから岡山駅のせとうちCUBEまで運んでいました。

その様子はRSKでもニュースに。
聞いただけでも「はいはーい!食べまーす!」な明るいニュース。
悲しいニュースとして販売はまだ行ってないそうです。

これがうまくいったら総社市のものが岡山駅で、岡山市のものが津山駅や倉敷駅で!みたいになっていくんでしょうか。

聞いた話なんですが、最近ネットの普及で通販はしやすくなったけど物流がパンクしそうって「物流クライシス」の問題があるそうです。

要するにネットはどんどん発展していきますが、物流などフィジカル面に限界があるってことです。
そこで「フィジカルインターネット」って概念で物流を効率化する動きもあるんだそうです。
いつになく真面目なネタで「おにさんぽ」が何が言いたいかと言いますと、早く効率化して頂いて「トングウのパンが食べたい」ということです。
頭のいい方、ぜひお知恵をお貸しください。
うまくいって、岡山県内各地が仲良く元気になったらいいですね~!
スポンサーリンク
筆者情報
この記事を書いた人

2020年スタートした岡山の人がギリギリわかるくらいの雑談ネタをたくさん発信しているゆるい情報サイト。
・総記事数4000超
・月間約100万PV,約30万UU
・SNS総フォロワー6.2万
岡山県内の開店閉店・グルメ・話題・イベント情報などを発信しています。
中の人・ひと昔、山陽新聞に → https://onisanpo.com/wadai/37229/

話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク