スポンサーリンク

岡山県庁に地元出身の東京オリンピック選手の垂れ幕でてる

2021年7月16日、岡山県庁に地元岡山県から東京オリンピックに出場する選手の垂れ幕が出ていました。

 

おにさんぽでも「岡山出身の有名人」ということでオリンピック内定選手を結構チェックしてきました。

 

 

ただ、こうして1つにまとめて見てみると、「結構たくさんいるな~」って嬉しくなります。

 

岡山県の中学校や高校に通っていた選手も多く、「実は知り合い!」、「実は家が近所!!」みたいな方もいらっしゃるんではないでしょうか?
下の足場のようなものでソフトボールの原田のどか選手がちょっと隠れちゃってます。

 

角度をいろいろ変えてみたのですが、うまく撮れず無念!(その分、熱烈に応援します!)

 

岡山県庁の公式サイトに全体が写った画像がありました。
なんと岡山ゆかりの選手が過去最高の18人なんだそうです!

 

応援しがいがありますね!!

 

今回の東京オリンピックは、なかなか大変な時期ですが選手・スタッフの方、特に地元ゆかりの選手には格別の応援をしたいと思います。
また7月16日、倉敷を回っていると倉敷国際ホテルの前に「ようこそ 水球女子日本代表代表」と看板が出てました。
公式サイトを見てみると7月15日から21日まで第9次国内合宿を倉敷でしているみたいです。
大会直前の大事な時期に倉敷に来てくれてて嬉しいです!

他にもドミニカ共和国の女子バレーボールと、ブルガリアの女子レスリング代表が岡山市、ホッケーカナダ代表が赤磐市で合宿を行っています。

 

外出は難しいときなのかもしれませんが、休養の時はぜひ岡山各地の眺めでリラックスしてもらいたいですね~。
フォト話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました