PR

セブン派?ローソン?それともファミマ?「コンビニ勢力図」が話題になってる

まち
市町村別で1番多いコンビニの色付けしたデータ「コンビニ勢力図」が話題になってるそうです。
関東はセブンイレブン、中部はファミマとそれぞれ特色があるようなのですが、岡山はどうなってるでしょうか?
話題になっているツイートがこちら↓

こちらは「にゃんこそば🌔データ可視化」さんのツイートで、コンビニ大手6社、約5.6万件の店舗数を市区町村別に集計したもの。
その市区町村ごとに一番多いブランドで色付けがされています。
岡山は西からセブンイレブンが、
東からローソンがなだれ込み、天下分け目の様相を呈していました。
また、上記リンク先によると2022年3月末時点で岡山のコンビニ数は816。
セブンイレブン 320
ローソン 236
ファミリーマート 235
デイリーヤマザキ 14
ローソン・スリーエフ 11
となっており、セブンイレブンが少し多いと言う数字です。
お隣・広島を見てみますとセブンイレブンが他の約2倍の店舗数で圧倒的。
岡山の均衡具合が際立ちます。
皆さんのおうちの周りはいかがでしたか?
まとめると、セブン・ローソン・ファミマ全部同じくらいあるで!たまにデイリーヤマザキ見るわ。
ってかんじではないでしょうか~。
スポンサーリンク
筆者情報
この記事を書いた人

2020年スタートした岡山の人がギリギリわかるくらいの雑談ネタをたくさん発信しているゆるい情報サイト。
・総記事数4000超
・月間約100万PV,約30万UU
・SNS総フォロワー6.5万
岡山県内の開店閉店・グルメ・話題・イベント情報などを発信しています。
中の人・ひと昔、山陽新聞に → https://www.sanyonews.jp/article/1353321

まち
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク