スポンサーリンク

こんなとこあったんじゃ!油かけて祈願する「油掛大黒天神社」

たまたま近くを通ったので、岡山市北区弓之町にある「油掛大黒天神社」に行ってみました。
地図ではここ。
住所は岡山市北区弓之町16−8。
就実学園の近くにひっそりとある神社で、中にはテカテカの大黒さまが。
ホントに油!
神社の横には油をかけるようになった由来がありました。
日本植物油協会にはもう少しロングエピソードありまして、仏教では4月の花祭りにお釈迦様に甘茶を、お地蔵さまにも水をかけて祈願する習わしがあるそうです。
が、しかし油かけをする風習は仏教や神道ではなく、庶民信仰で広がったではないかとのこと。(諸説あり)
油商人が、転んで売り物がパーになって悲しむ → わかる
それを大黒天様にかける → !?
昨今のネット社会では炎上しそうなエピソードですが、「当時の常識を今の常識で判断するのは慎重に」って何か偉い先生が言っていた気がするので、習わしに従ってやってみましょう。
あ~、すいません。
なんか先生や先輩に普段できないことをしてしまっているような妙なかんじ。
たっぷりと掛けるとご利益があるそうなのでしっかり掛けてしまいました。
これで何かいいことがあるのでしょうか!?
乞うご期待!
実は油掛大黒天は全国に10か所くらいあるそうで、近いところで山口や大阪にあるそうです。
神社・仏閣巡りが好きな方は、いつもと違う参拝ができるスポットとして立ち寄ってみては~。
岡山おにさんぽのTwitter・Instagram・Facebookも是非ご覧ください。
フォト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました