【瀬戸内市】「おさふねサービスエリア」が全館リニューアルするみたい。5月6日が営業最終日で3月から1980年代の復刻メニューも

開店・閉店

備前長船刀剣博物館などが近くの「おさふねサービスエリア」が建て替えリニューアルを行うようです。

それに伴うリニューアル工事のため、令和6年5月6日が最終営業日となります。

「おさふねサービスエリア」は、昭和39年4月に全国で2番目のドライブインとしてオープン。

ちょうど東京オリンピックがあった年で、その時の施設名は「モーテル備前長船」。

あ、新幹線!!

と、言ったように、すぐ近くを新幹線が通ることからも多くの方に親しまれています。

歴史をたどると新館敷地内に山陽新幹線が通るための移築や、2006年に全面リニューアルして「おさふねサービスエリア」に改称。

2016年にレストラン改装を経て、現在へと至ります。

施設の前を通る国道2号線の東側を見ると、香登駅が近くで伊部駅などある備前市方面。

西を見ると、吉井川の上を通る備前大橋があります。

【公式】おさふねサービスエリア_Officialホームページ
...

公式ホームページによると、2月より「おさふねサービスエリア」60年の軌跡パネル展や「1980年代当時の人気メニューを再現した復刻メニューが3月から提供」とあります。

1980年代といえば、岡山ブルーラインの開通や瀬戸大橋開通などあったバブルのころですね。

当時の人ら何食べてたんじゃろ。

温泉や宴会、食事や休憩だけでなく、お土産や新幹線を楽しむ人で親しまれてきました。

復刻メニューもありますし、当時を知る人を連れてってあげると喜ばれそうですね~。

●情報提供ありがとうございました。

岡山おにさんぽでは読者さんからの情報提供を待ってます!
おにさんぽと一緒に岡山情報を充実させませんか?

お店ができた!あそこで工事してる!などなど

岡山に関することならジャンルはなんでもOKです!


★情報提供はこちら★

スポンサーリンク
筆者情報
この記事を書いた人

2020年スタートした岡山の人がギリギリわかるくらいの雑談ネタをたくさん発信しているゆるい情報サイト。
・総記事数4000超
・月間約100万PV,約30万UU
・SNS総フォロワー6.2万
岡山県内の開店閉店・グルメ・話題・イベント情報などを発信しています。
中の人・ひと昔、山陽新聞に → https://onisanpo.com/wadai/37229/

開店・閉店
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク