割れ備前の壁が圧巻!「FAN美術館カフェ」【おにさんぽグルメ】

今回はJR西片上駅から少し行った備前市穂浪にある「FAN美術館カフェ」に行ってきました。

FANは、人間国宝に認定された備前焼作家・藤原啓さんのF、アートオリンピアのA、人間国宝美術館のNの頭文字。

3つのアートプロジェクトが集合した新しい美術館です!

で、美術館にはミュージアムカフェスペースが併設されてまして、カフェ利用のみも可!

入って行って一番奥には、、、

思わず「おぉ~!」って言っちゃう備前焼の壁。

作品が埋め込まれています。

「も、もったいない!」と思ったところ、こちらはひびが入ったり割れたり歪んだりしてしまった備前焼。

それでも藤原啓さんの作品を敷き詰めちゃうのは贅沢すぎる。

備前焼のホーム備前市でしか見えない光景かと!

ライトアップするとこちら。

一気に映える凄みのある様子になりまして、備前焼の柄が見えやすい自然光の状態とも甲乙つけがたいこちら。

どっちも見たい!って方はお店の方に声をかけてみてください。

ここはもともと藤原啓さんの自宅をリフォームし、陶房も兼ねているため小高い山を少し上ったところにあります。

なので、窓からの景色はオーシャンビュー。

片上湾、久々井湾や前島など眺めながら藤原啓さんの器でスイーツやフードセット、ドリンクなど楽しむことができます。

カフェメニューはこちら

https://fanmuseum.jp/jp/%ef%bd%83%ef%bd%81%ef%bd%86%ef%bd%85%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85/

頼んでみたこちらも、甘酸っぱフルーツが食感ともに美味しかったです!

ーーー終わりーーー

って、流れでしたが、それではもったいない!

もうちょっとこの「FAN美術館(藤原 啓記念館)」を見て来たので魅力をお伝えします。

https://fanmuseum.jp/jp/guide/guideadmission/

料金は一般の方1200円でお抹茶付き。

藤原啓さんの作品でお抹茶を、そして猫和三盆の和菓子で出てきて思わずつぶやいちゃったやつです。

館内撮影OKで様々な所蔵作品を見ることができます。

人間国宝の作品や岡本太郎さんをはじめとした方たちの作品も!

坐ることを拒否する椅子

いろんな意味で座れない「坐ることを拒否する椅子」。

それから2階に上がると、現代アートのエリア。

アートオリンピアは、世界の才能あるアーティストを発掘し、その活動を支援を目的としたアートの国際公募展。

入選作品がズラッと並んでいます。

現代美術って我々と同じ世代の方も多く、技法もさることながら現代の空気感を表しているようで見入ってしまいます。

それから藤原啓記念館は年代毎の代表作品や古備前を展示。

見てみると、藤原啓さんが備前陶芸の道に入ったのは40歳からのスタート。

最初は失敗続きだったり、それでも創作活動を続けて徐々に活躍の場を広げていく様子は見ごたえがありました!

「備前焼ってこんな幅広いんじゃ~」って面白かったユニークな作品もたくさん!

それから古備前など。

藤原啓さんや藤原雄さんの名前は知っていても、詳しい活動や歴史など初めて知れて大満足。

それからカフェ横にミュージアムショップがあったり、予約をすれば陶芸体験やワークショップもたびたび開かれている「見る」「体験する」「作る」がコンセプトの「FAN美術館」。

備前焼だけでなく、アートが好きな方やカフェ巡りが趣味の方も楽しめる魅力たっぷりのアートスポットでした!

近くに行くときはぜひ立ち寄ってみては!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

施設名 FAN美術館
住所 備前市穂浪3868
営業時間 9:00〜17:00
定休日 火曜日・年末年始・展示替え期間
公式サイト https://fanmuseum.jp/
SNS 公式Instagram

岡山おにさんぽでは読者さんからの情報提供を待ってます!
おにさんぽと一緒に岡山情報を充実させませんか?

お店ができた!あそこで工事してる!などなど

岡山に関することならジャンルはなんでもOKです!


★情報提供はこちら★

スポンサーリンク
筆者情報
この記事を書いた人

岡山の人がギリギリわかるくらいの雑談ネタをたくさん発信しているゆるい情報サイト。岡山県内の開店閉店・グルメ・話題・イベント情報などを発信しています。SNS総フォロワー5.7万。ちょっと前、中の人が山陽新聞に掲載されました。

カフェ・喫茶店
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました