『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展が12月15日から!岡山県立美術館で2024年2月18日まで

12月15日から「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」が開催されます。

©️吾峠呼世晴/集英社

場所は岡山県立美術館です。

『鬼滅の刃』は、週刊少年ジャンプで2016年2月から2020年5月まで連載され、電子版を含めると累計発行部数1億5000万部を超える説明不要の人気作品。

漫画だけでなく『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は日本歴代最高興行収入1位となるなど社会現象ともなりました。

そんな「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」は、2021年10月東京よりスタートし、大阪・福岡・名古屋・仙台と来て、岡山に!(※一部構成は変わります。)

みどころは380枚を超える直筆原画や、世界観を再現した展示空間

©️吾峠呼世晴/集英社 

エントランスにはキービジュアルや、写真可能エリアのコミックス全23巻表紙の大型パネル、

©️吾峠呼世晴/集英社 

それから「炭治郎&禰豆子の第0巻フィギュア」が展示されています。

©️吾峠呼世晴/集英社 

制作現場の雰囲気が伝わってくるような直筆の原画と、柱の呼吸を再現した迫りくるような展示は、ともすれば「あれ?やられる側では?」って思えてくる「おにさんぽ」に、

ホントにやられるかと思った

と、ひねりのないコメントを言わしめるほどの迫力でした。

ぜひ体感してほしいです!

ほかにも会場では、

岡山会場で追加された新グッズや、コラボカフェも開催されます。

また関連事業として記念講演なども予定されていて、美術館ファンの方も楽しめる内容になっています。

じっくり見ていくと映画1本分くらいボリュームたっぷりの原画展。

「もう一回読み返そう!」って思えてくる充実度でしたので、漫画やアニメを見ることができる方はおさらいしてからぜひ!

チケットやその他詳細は公式サイトなどでご確認ください。

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展 | OHK 岡山放送
スポンサーリンク
筆者情報
この記事を書いた人

岡山の人がギリギリわかるくらいの雑談ネタをたくさん発信しているゆるい情報サイト。岡山県内の開店閉店・グルメ・話題・イベント情報などを発信しています。SNS総フォロワー5万。最近、中の人が山陽新聞に掲載されました。

イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました