スポンサーリンク

総社市出身の原田のどか選手が女子ソフトボール日本代表に選出されてる【岡山南高卒】

女子ソフトボール日本代表に総社市出身の原田のどか選手が選出されました。

原田選手は総社東中学校から岡山南高校へ進みます。

高校時代には「第3回IBAF女子ワールドカップ」に17歳ながら日本代表経験も。

岡山南高校を卒業した後は実業団の「太陽誘電(群馬)」に所属し、2018年アジア大会に日本代表として5大会連続の金メダルを獲得、2020年には日本女子ソフトボールリーグ1部リーグで本塁打王に輝きます。

 

女子ソフトボールと言えば、日本代表が北京オリンピックで金メダルを獲得して以来3大会ぶりの復帰競技です。

総社東中出身と言うことで、総社市の応援セレモニーも開催されてたみたい。


岡山では聖火ランナーとして「高橋大輔」さんが地元・倉敷市を走ることが発表されたり、徐々にオリンピックへの動きはじめました。

ライフル射撃の岡田直也選手や1万メートル代表の新谷仁美選手など岡山出身者が出場します。

チームの応援と一緒に原田のどか選手にも応援を!

話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました