JRダイヤ改正があったみたい|岡山でも新幹線・在来線の時刻表が変わってる

2021年3月13日、JR西日本のダイヤ改正がありました。

岡山でも新幹線や在来線ともに時刻の変更が。

新幹線のダイヤ改正

東海道・山陽新幹線では福山発→東京行きの始発列車が福山発を3分繰り上げ・東京着を6分繰り上げとなったり、東京から岡山への最終列車が3分繰り下げになっています。

また東海道・山陽新幹線を直通する臨時のぞみが増便され、お昼の時間帯に運行本数が増えます。

在来線について

在来線も大きな変化がありました。

JR 吉備線(桃太郎線)

岡山桃太郎線を上り下りともに時刻がパターン化される時間帯があります。

岡山駅発「備中高松・総社方面行き」は、昼間夕方(通勤・通学)の時間帯が22分52分の出発に統一。
岡山駅到着が5分35分に統一されています。

これは覚えやすくなって、時間の管理もしやすいのでは。

津山線

始発・最終列車が時間変更。

津山から岡山へ向かう津山線は始発が現在の4時29分から4時48分と19分繰り下げになります。

また、最終列車は現在の岡山発23時20分から23時6分となります。

「終電は、まだまだ大丈夫!」と思ってたら、ホントに逃しちゃうかもしれないので注意です!

山陽本線・赤穂線

山陽本線は瀬戸・和気区間が、赤穂線は西大寺・長船区間の昼間時間帯で一部列車が減便。

1時間に2本あったものが1時間1本に改正されるんだそう。
該当区間内ご利用の方は要注意!

快速サンライナーの土休日が減便

サンライナーの土休日の運行本数が上下16本から上下3本に減便。

詳しくはこちら↓


写真は東岡山駅から臨む赤穂線・播州赤穂行き。

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました