スポンサーリンク

カイジの「沼」があった裏カジノ店長「イチジョウ」は岡山出身みたい|スピンオフ漫画が「モーニング」で連載中

 2021年1月21日よりモーニングで連載開始された「上京生活録イチジョウ」の主人公「一条聖也」は岡山出身のようです。

 

この「上京生活録イチジョウ」は人気漫画「賭博黙示録カイジ」のスピンオフ作品。
「イチジョウ(映画版では一条聖也)」は、パチンコ台「沼」がある裏カジノの店長として登場します。

 

映画「カイジ2 人生奪回ゲーム」では、カイジを藤原竜也さんが、「一条聖也」を伊勢谷友介さんが演じました。

 

その印象が強い方も多いかも!

 

賭博黙示録カイジのスピンオフ作品は「中間管理録トネガワ」や「1日外出録ハンチョウ」があります。

 

編では主人公のカイジに様々な謀略を仕掛ける敵役ですが、スピンオフ作品では、その人間味溢れるコミカルな日常風景が描かれています。

 

「おにさんぽ」も両方の作品大好きで、「大槻脳内大中華喰台祭」の回とか「甘いものナンバーワン決定戦」の回など大好き。
 
さて、この「上京生活録イチジョウ」では裏カジノの店長としてではなく、岡山から東京へ上京してきた19歳一条聖也のお話。

東京に馴染もうとしながら、ちょこちょこ岡山の描写が出てきます。

 

裏カジノ店長「一条」は切れ者として登場しますが、スピンオフの「一条」は普通の19歳。

 

スマホやゲーム、人間関係に振り回される「一条」には親近感。

 

 

カイジでは帝愛の側になっちゃいますが、スピンオフ作品では岡山ネタも出てくるので、ぜひチェックしてみては。
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡山おにさんぽ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました