映画「とんび」で岡山県がロケ地になったみたい|阿部寛さん・北村匠海さん主演のベストセラー小説を映画化

2021年1月28日、重松清さんのベストセラー小説「とんび」が映画化されると言う発表がありました。

(引用元:https://movies.kadokawa.co.jp/tonbi/より (C)2022「とんび」製作委員会)
こちらの「とんび」は2003年・2004年に新聞で連載されたり、内野聖陽さん・佐藤健さん・吹石一恵さんなど豪華俳優陣によりテレビドラマ化されたりもしました。
そんなベストセラー小説「とんび」の映画版ロケ地として浅口市や倉敷市、また岡山県内いろんなところで撮影が行われたみたいです。
映画制作には2020年11月14日にクランクインし、岡山県内でも目撃情報など話題になっていました。

作者の重松清さんは岡山県久米郡久米町(現在の津山市)出身。

 

岡山といろいろ縁のある映画となりました。

 

公開は2022年予定。

 

岡山でロケ地巡りをしながら楽しめる映画になりそうですね。
映画のロケ地巡りと言えば、本日公開で岩田剛典さん新田真剣佑さん主演の「名も無き世界のエンドロール」も岡山県と兵庫県がロケ地となっています。

ロケ地マップや公開記念のパンも県内で登場しています。

 

いい画が撮れる岡山。
今から映画情報・ロケ地情報とともに目が離せません。
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました