岡山プロバスケットボールチーム「トライフープ岡山」が津山で開幕戦|2020-2021シーズンがスタート

2021年1月16日、津山総合体育館で岡山県のプロバスケットボールチーム「トライフープ岡山」の新シーズン開幕戦行われました。

トライフープ岡山は今シーズンの開幕前までに天皇杯でB1西地区の強豪「大阪エヴェッサ」と対戦したり、新加入の外国籍選手を獲得など準備を進めてきました。

試合は高さで有利なトライフープ岡山が前半をリードして折り返すも、後半に対戦相手となった岐阜スゥープスの外角からのシュートが決まり、77対80で敗れてしまいました。

今シーズンのB3リーグは6月まで行われ、B2昇格枠がないのですが、将来的な上位リーグへの昇格を目指すチームとして成熟度を上げていきたいところ。
トライフープ岡山には地元岡山の玉野光南高校出身の岡田陸人選手や香川県出身の若狭功希選手が出場。
若狭選手と言えば香川の尽誠高校出身で、現在アメリカプロバスケットボールリーグNBAのトロントラプターズ所属の渡邊雄太選手の後輩に当たります。
またスタートのポイントカードを務めた前村雄大選手は日本代表選手を数多く輩出しているバスケットの名門「東海大学」出身で安定感のあるゲームメイクがこの試合でも見られました。
他にも新加入でNBA経験もある「チュクゥディエベレ・マドゥアバム」選手のインサイドプレーは今年のトライフープ岡山の大きな武器。
お近くの際はぜひ現地で応援を。


この日はバレーボールの岡山シーガルズも2021年に入ってから初の試合が行われました。

何かと外出に注意が必要な時期ですが、元気を与えてくれるスポーツチームの応援はこれからもしていきたいですね~。


0

コメント

タイトルとURLをコピーしました