2021年は分散初詣がオススメみたい|岡山最上稲荷など

2020年も最終週となりました。
仕事納めの方もおられるかと思います。
そして年末年始といえば年越し初詣などのイベントがあります。

今年は新型コロナウィルスの流行対策とあって「密」を避けるために分散初詣が呼びかけられています。
岡山でも毎年多数の参拝者となる最上稲荷でも分散初詣の準備が進められていました。

ゆっくり、ゆったり初詣と題して12月14日から2021年の2月3日まで長い期間を初詣に訪れる機会にしてほしいとのこと。

 

最上稲荷

来年の干支牛の着ぐるみを着たお守りも14日より授受ができるとの事。

吉備津彦神社

吉備津彦神社の分散参拝を呼びかけています
熊手や笹宝船等を12月から販売をしています縁起物の購入と3杯を分けて滞在時間を6短くするのもオススメ

岡山神社

岡山神社も「幸先詣」として、12月12日から31日の

参拝をおすすめしています。

吉備津彦神社

古いお札などをおたきあげするどんど祭りは3月まで数回執り行う予定なので余裕を持って納めることができます。

例年とは違う年末年始ですが、せっかくなのでゆっくり初詣から始めてみては~。

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました