PR

大原美術館や文化観光施設が無料公開されるみたい。2023年1月16日~20日

倉敷市の民間文化観光施設12カ所が2023年1月16日から20日、無料で公開されるようです。
こちらは倉敷市内観光を盛り上げることを目的とした取り組み。
対象施設は、
スポンサーリンク
スポンサーリンク

倉敷美観地区エリア

・大原美術館
・語らい座 大原本邸
・大橋家住宅
・倉敷考古館
・倉敷民藝館
・きび美ミュージアム
・日本郷土玩具館
・UKIYO-E KURASHIKI/国芳館
・倉紡記念館
・いがらしゆみこ美術館
・倉敷貯金箱博物館

児島エリア

・野﨑家塩業歴史館

地元の観光施設って観光客向けというか、「またいつか機会があったら入ろ、地元じゃし」ってことないですか
そんなちょっと興味あるけど、なかなか入る機会がなかった施設に入れるチャンスですよ~。
各施設休館日などもあるので、上記リンク先を確認しながら立ち寄ってみてください。
2022年も残り1週間ほどですが、2023年のオープン情報やイベント情報も届いてきてて、来年も楽しみですね!
スポンサーリンク
筆者情報
この記事を書いた人

岡山の人がギリギリわかるくらいの雑談ネタをたくさん発信しているゆるい情報サイト。岡山県内の開店閉店・グルメ・話題・イベント情報などを発信しています。SNS総フォロワー5.7万。ちょっと前、中の人が山陽新聞に掲載されました。

話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク