岡山県がコロナ影響の飲食店など最大40万円の給付をするみたい|宿泊クーポンも

2021年3月16日、知事臨時記者会見で岡山県が独自の一時支援金制度を創設することが発表されました。


(画像は1月時点の岡山県庁)

国の一時支援金の給付対象にならなかった県内の中小業者等が対象で、飲食店ほか飲食店と取引のある中小企業や個人事業主も対象になるそうです。

給付の要件↓

(1)国の一時支援金を受給していないこと
(2)資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること
(3)外出機会の減少による影響を受けた次のいずれかに該当するもの
ア 飲食店
イ アの飲食店と直接・間接の取引がある事業者
ウ 主に対面で個人向けに商品・サービスの提供を行う飲食店以外の事業者
エ ウの事業者と直接の取引がある事業者
(4)令和元年比又は令和2年比で、令和3年の1月、2月又は3月の売上が
30%以上減少していること
(5)新型コロナウイルス感染拡大防止のための業種別ガイドラインに沿った
対策を実施していること
(6)今後も事業を継続する意思があること
(引用元:https://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/707612_6357858_misc.pdfより)

また飲食店でなくても、「主に対面で個人向けに商品・サービスの提供を行う」事業者とありますので、例えば理美容関係の方も対象に。

これから申請に向けて情報が増えてくると思います。

給付額は法人が最大40万円、個人事業主が最大20万円です。

ぜひチェックしてみてください。

詳細は↓

おかやま宿泊応援キャンペーン

また、観光需要喚起のため岡山県民を対象とした「宿泊クーポン」も発行するとのこと。

こちらはGoToトラベルとの併用が可能ですので、好評だった「岡山市応援旅」に近い形になるのでしょうか?

内容は平日1人1泊あたり1万円以上利用で5000円を割引、休日は1人1泊あたり1万円以上利用で3000円を割引となっています。

おかやま宿泊応援キャンペーンの詳細はこちら↓

岡山市応援旅の例だと適用開始から1~2日で割引率の高いクーポンがなくなったりしていました。

事業者さんだけでなく、利用者さんも開始時期は要チェックです。

 

給付金などを上手く使いながら、新型コロナウィルスの影響で苦しい状況を乗り越えていきましょう。

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました