「藤井風」がTwitterトレンドに!「 関ジャム」でプロから絶賛されてたみたい

 2021年1月17日、Twitterトレンドワードで藤井風さんの名前がトレンド入りをしていました。


(引用元:https://twitter.com/より引用)

「藤井風」さんと言えば、岡山県里庄町出身で現在全国ホールツアー中の大人気のミュージシャン。

最近ですと、木曜新ドラマ「にじいろカルテ」の主題歌も担当することが決まっています。

以前、武道館ライブの際にもトレンド入りしていたので「また大きな発表があったのかな?」と思い調べてみました。

どうやらテレビ朝日系「関ジャム 完全燃 show プロが本気で選んだ2020年のマイベスト10曲」で藤井風さんの名前がたくさん上がっていたことからトレンド入りとなったようです。

ランキングには昨年のミュージックシーンを大いに賑わせた楽曲から、これから「絶対来る!」と言う楽曲まで玄人目線のランキング。

 

そんな中で「いしわたり淳治」さん、「蔦谷好位置」さん、「川谷絵音」さん3名とも藤井風さんを挙げていました。

 

全員違う曲だったというのも特徴的。

 

 

おにさんぽ「おに」は完全に音楽の素人なんですが、風さんの曲って、「その日・その時の気分」で一番推し曲が変わる気がします。(おに社比較)

 

ワクワク楽しいことがあれば「何なんw」。
エモい気分に浸りたい時は「優しさ」
「よっしゃ!気合入れて頑張るぞ!!」って時は「へでもねーよ」などなど。

 

「何かわからんけどすごくいい」「何かわからんけどかっこいい」って言う感じで聴いていました。

そこからYouTubeや今回の「関ジャム」のようにプロの方の見方や楽しみ方を知って勉強をしています。

歌い方、リズムの取り方、歌詞の意味合い・遊びやコード進行など、それを見て聴いて風さんがやってることの形がどんどん見えてくるっていう感じ。

とはいっても「川谷絵音」さんも言っていたようにプロからも「底が見えない」言われているのはすごいですね!

風くん・・・恐ろしい子。

里庄町には、藤井風くんの聖地巡礼をされるファンの方が結構おられます。
ゆったりとした里庄の時の流れの中、のびのびと音楽を学んだんだろうなって思う反面、曲のクオリティとのギャップに驚かれる方もいて、面白い体験ができるのだとか。

 

また「川谷絵音」さんがランキングにあげていた「さとうもか」さんも岡山出身と言うことで話題になっていましたね。

おにさんぽでは、さとうもかさんがMV撮影をしていた倉敷市児島のサンレモンと言う喫茶店に行ってみました。

児島はジーンズの聖地としても有名ですので、行ってみた際にはぜひ寄ってみてください。

2020年は岡山のミュージシャンを筆頭に出身者の方がたくさんメディアに登場しましたね。



 

コロナ明けたら、岡山出身者の「”大”岡山祭」やって欲しいなぁ。

ぜひチェックしてみて下さい。
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました